減肥茶で本当に体重は落ちるのか?

減肥茶を飲むと、一時的に体重をいくらか落とす手助けにはなるかもしれません。

しかし、専門家は、ダイエットとしての効果よりも、減肥茶に含まれる成分が体に及ぼす作用に注意すべきであるといいます。

一般的に、減肥茶やダイエットティーには、便秘の症状を解消するために、高い確率でセンナがブレンドされています。センナとは、下剤作用のある薬草です。

そのため、減肥茶を常用してしまうと、この下剤作用によって、ダイエットとしての効果よりも、消化機能への悪い影響を受ける可能性があるようです。

ここでは、減肥茶の効果と落とし穴について、栄養学の専門家Alex Jamiesonさんによるアドバイスを紹介します。

減肥茶のメリットとデメリット

減肥茶によく含まれているセンナは、便秘を解消するために漢方薬として飲まれることが多い茶葉のひとつです。

そのため、減肥茶を飲むと、このセンナの効能によって排便が促されて、腸にたまっていた宿便が排泄されることで、一時的に体重が減るかもしれません。

短期的に見ると、煩わしい便秘が改善し、体重が減ってよかったように感じますが、減肥茶の多用や長期間の常用によって、腸本来の働きが早いうちから劣化して弱まる可能性があります。

そうなると、結果的には便秘になりやすい体になってしまうので注意が必要です。

また、腸の消化機能が低下すると、体の他の臓器の健康にも悪影響を与えかねません。

減肥茶を飲む時の注意点

減肥茶(センナを含む製品)を飲む場合は、一時的な使用にとどめて、長期間は飲み続けないことが大切です。また、強い効用があるものは避け、できるだけ体にやさしい成分が配合された減肥茶やダイエットティーを選ぶようにしましょう。

なによりも健康的な生活が最善の便秘対策

便秘を改善するには、すぐに減肥茶やダイエットティーに頼るよりも、時間はかかっても体質改善をしていく方が最善だと専門家はいいます。

野菜や果物といった繊維質の多い食べ物を中心とし、腸の働きを正常に戻すための食生活や適度な運動を心がけて、ぜひ体の中から健康を取り戻してください。

こちらもどうぞ:
便秘に効果的な自然治療法・食べ物