永遠に若いままでいることはできるのか?

「永遠に若く」。女性なら誰もが心惹かれる言葉です。

年を取ることは避けては通れない道ですが、年齢を重ねても、いつまでも若くいられる方法はあるのでしょうか。

ここでは、人々の永遠のテーマ「アンチエイジング(老化防止)」や「若返り」のヒントとなるような最近の研究を紹介します。メイクやファッションで若づくりをするのではなく、細胞を若く保つ方法です。

そもそも老化の原因とは

最近の科学の研究によって、老化の原因は、細胞のDNAにあることが分かってきました。

DNAは複製する時に、何かの拍子に配列を間違えて変えてしまうことがあります。大抵の場合は、この間違いを修復することができますが、まれに、DNAが、配列を間違え受けた損傷を修復しないまま見過ごしてしまうことがあります。このDNAの損傷は、老化に直接結びつきます。

もし、DNAが受けた損傷がひどい場合は、そのDNAをもった細胞が死んでしまったり、複製できずに老化し、炎症性タンパク質を放出して、細胞を内部から徐々に衰弱させて老化の速度を速めます。

老化に最も大打撃を与えるのはテロメアが傷つくこと

DNAの中でも、染色体の末端に位置するテロメアが損傷してしまうと最も大きな老化のダメージを受けます。

ほとんどのテロメアは、細胞が分裂を繰り返すたびに縮み、最終段階まで短くなると、それ以上分裂を起こさずに細胞は死にます。

そのため、テロメアは、その長さによって細胞分裂の回数をコントロールすることから細胞の寿命を決定するといわれています。

このテロメアを補充する方法が分かれば簡単に若返りができることから、世界中の科学者たちがこれに注目し、研究しています。実は、このテロメアの長さを修復するテクニックをもっているのではないかといわれているクラゲがいます。

若返りの方法がクラゲにあるかもしれない

ベニクラゲは、老化したり、損傷によって衰弱したりした時に、ポリフと呼ばれる状態に若返り、再び幼生期から成体へ成長する(細胞分化転換)ことから、不老不死の生き物と位置づけられ、人間の若返りに応用できるのではないかと注目されています。

老化とミトコンドリアの関わり

老化は、細胞内のエネルギー工場として知られるミトコンドリアとも深い関わりがあるといわれます。

ミトコンドリアは、酸素呼吸によって人が生命活動に必要なエネルギー源を合成していますが、この機能が低下すると、エネルギーが欠乏し、老化を促進すると考えられています。

ミトコンドリアの機能の低下の主な原因となるのがフリーラジカル(活性酸素のひとつ)などの酸化ストレスで、老化を抑えるのに有効なのが抗酸化物質の摂取です。

最近の研究によって、ミトコンドリアのストレスは、体をむしばむのではなく、強くする可能性があり、かえって寿命を延ばすのではないかという意見もあります。

ネズミの若返り実験

高齢のネズミと若いネズミを手術によってつなげて、血液循環を共有させたところ、高齢のネズミの心臓が若返ったという研究があります。

その他にも、若返りには、遺伝子組み換えが有効であるという見解もあります。