スマホ中毒が引き起こす首の痛みをやわらげる簡単なストレッチのやり方

私たちの首は、4500グラムから5500グラムの重さがある頭を支えられるような構造にデザインされています。

しかし、実際には、頭を前方に傾けてスマホを見ると、約2.5cmずつ移動するごとに、頭の重量の2倍が首にかかっています。

たとえば、頭を15cm前方に倒してスマホを見ている姿勢では、約27キロもの重圧が首に重くのしかかっているといえます。

果たしてそれだけの重さが首にかかると、どうなってしまうのでしょうか?

ここでは、スマホを見る姿勢による体への影響や、スマホ中毒による首の痛みを和らげる簡単なストレッチのやり方について、「More or Die」の著者であるTim Sitt氏によるアドバイスを分かりやすく紹介します。

スマホを見る姿勢の影響

スマホを見るときにかかる首への負担は、首とつながっている筋肉の連鎖と体幹の構造上の中心となって体を支えている脊柱にまで影響を与え、背中の損傷も引き起こします。

特にスマホやパソコンの使用時間が長かったり、長期にわたってこの姿勢が繰り返されることによって、首の痛みをはじめ、様々な症状が体に起こり始めます。

そのため、もし、あなたが頭を下げて首を曲げている状態でスマホを見ているなら、下記のストレッチで、首の後方に重点的にかかった負担をやわらげてあげる必要があります。

首のストレッチのやり方

首周りを効果的にほぐせる簡単なストレッチを紹介します。

首が痛くなるのを予防し、さらに、痛くなった首の痛みを和らげる効果もあります。

座った姿勢のままできるので、スマホをみている最中や仕事でパソコンに向かっているときなどに手軽に取り入れてみてください。

やり方

  1. まず、首を前方にゆっくりとなめらかな動きで移動させます。このとき、あごを軽く出すようなイメージで頭は傾けないでください。
  2. 5秒間前に出した後、5秒間後方に下げます。下げるときも頭を後ろに傾けないで、地面と垂直な角度になるように意識します。

首の動きにあわせて、ゆっくりと同じリズムで呼吸を繰り返します。

このカメのような首の前後運動は、普段から酷使している「頭を前方に維持する筋肉」だけでなく、前に出した首を引き戻す筋肉にも働きかけて、負担がかかった首の状態を回復します。