カフェインを摂ると体や脳はどうなるのか?

カフェインは、最もよく取り入れられている精神刺激薬です。

精神刺激薬とは、神経を興奮させる作用をもち、意欲を高めたり、気分を高揚させる効果があります。

カフェインが含まれる飲み物といえばコーヒーを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、その他にも栄養ドリンクやお茶、紅茶、ココア、コーラ、チョコレートなど、数多くの飲食物に含まれています。

ここでは、カフェインが体や脳に及ぼす影響について、メリットやデメリットを含めて分かりやすく紹介します。カフェインがここまで有名になったのには、理由があります。

カフェインのメリット

カフェインの効果には個人差がありますが、過剰な摂取を控えて、適度に取り入れると、下記のような体によい影響を及ぼします。

脳内で疲れや眠気を誘発するホルモンの働きを妨げる

カフェインは、脳でアデノシンが受容体につくのをブロックし、その働きを妨げます。アデノシンとは、倦怠感や眠気を誘発するホルモンです。

そして、グルタミン酸やドーパミンといった覚醒作用のある神経伝達物質の働きを活発化させるので、気分を高めて、ときにはコカインのような幸福感や高揚感を生み出します。

脂肪が燃えやすくなる

一般的に、ヒトの体はまず主なエネルギー源であるグリコーゲンを燃焼させ、次いで脂肪を燃やします。

しかし、カフェインはこの工程の邪魔をして、体内の脂肪の燃焼を加速させ、グリコーゲンを後で保存するように促すので、カフェインを飲んだ後に運動をすると、脂肪が燃えやすくなります。

また、カフェインを摂取すると、実際よりも疲労感を感じることなく、体をよりハードに動かせるようになるため、スポーツのパフォーマンスを向上させる薬としてもよく取り入れられています。

集中力を高める

研究では、カフェインは、仕事で疲れたときなどに飲むと、集中力を高め、記憶を呼び出して反応する時間を早める効果があることが分かっています。

また、気分の落ち込みを取ったり、アスピリンやアセトアミノフェンを吸収率を高めて、効き目をより速くより長く働かせる効果もあります。

カフェインのデメリット

カフェインは、体によいことばかりではなく、長い期間の常用や過剰摂取など摂取のしかたによってはデメリットもあるので注意が必要です。

体に耐性ができて摂取量が増えていく

カフェインを習慣的に摂っていると、次第に体内に耐性ができて、もっと欲するようになります。

たとえば、カフェイン入りのコーヒーを1カップ飲むごとに、脳は神経伝達物質の働きをコントロールするために、アデノシンの受容体をより多く作りだします。体や脳を活気づけるには、この受容体をブロックしてアデノシンの働きを妨げる必要があるため、さらに多くのカフェインが必要になるわけです。

不安感が強くなる

カフェインを過剰に摂取しすぎると、脳が興奮してアドレナリンが増え、その作用によって、精神的な不安感が強くなる傾向があります。

依存性がある

カフェインの摂取量が増えていくと、依存習慣を急に断ち切ろうとしたときに、頭痛や疲労感などの離脱症状を引き起こします。

胸やけを起こす

カフェインを体に取り入れた後は、胃酸の分泌が活発になるため、胸やけを起こすことがあります。

長い間体内にとどまって効果が持続する

カフェインは、体内に長い時間とどまるので、夜に眠れなくなる可能性も十分に考えられます。睡眠の量や質が悪くなると、体の回復が十分にできずに、疲労感がたまっていきます。

たとえば、一般的に、体に取り入れられたカフェインの半分が体内から取り除かれるまでに4時間はかかるといわれているため、午後にカフェイン入り飲料を飲む場合は、効果の持続時間を考える必要があります。