フレーバーウォーターは飲み過ぎると歯に大問題を起こす

みかん水、りんご水、レモン水。

これらの「フレーバーウォーター」は、見た目は水と同じなのに、果実のような甘い香りがあって飲みやすいと人気が高まるにつれて、酸蝕歯(さんしょくし)や虫歯の増加につながることが危惧されています。

もしあなたが、歯が本来もつ治癒力(再石灰化)を上回るほどフレーバーウォーターを頻繁に飲んでいるのなら、歯にダメージを与えている可能性が十分に考えられます。

ここでは、フレーバーウォーターを飲み過ぎると、歯にどのような悪影響を与えるのかを分かりやすく紹介します。

問題は、フレーバーウォーターの「酸」

まず、フレーバーウォーターの成分表示を確認してみてください。

もし、クエン酸やリンゴ酸などの酸性の食品添加物が含まれている場合は注意が必要です。これらは、フレーバーウォーターの香りづけによく使われる酸性の成分ですが、歯がさらされると、表面のエナメル質(カルシウムやリン酸など)が溶かされる恐れがあるからです。

通常は、損傷を受けたエナメル質の結晶は、だ液によって修復されて、元のように戻りますが、フレーバーウォーターを毎日のように飲んでいると、口内のphバランスが乱れ、歯の修復機能が追い付かずに、表面のエナメル質はどんどん溶け出してしまいます。

このようにして、歯を守っている表面の固い層が薄くなると、内部にある神経に刺激が伝わりやすくなり、知覚過敏や虫歯を引き起こすリスクが高まります。

歯が溶けるpHの度合い

pHとは、水溶液の性質を表す単位のひとつで、ペーハーとも呼ばれ、数値が大きいほどアルカリ性、小さいほど酸性(酸っぱい)となります。ちなみに、pH7が中性です。

一般的に、歯に関しては、pH5以上の飲み物は安全だとみなされています。

しかし、フレーバーウォーターや炭酸飲料などの飲み物の大半は、pH2からpH4だといわれ、こういった酸性の飲み物は、たまに飲むには問題はありませんが、頻繁に飲むとそれだけ歯が酸にさらされてしまうのでいけません。

また、一緒に食べ物を口に入れずに、フレーバーウォーターだけ単体で飲むこともおすすめしません。なぜなら、食べ物を口に入れると、だ液が誘発されて酸を中和してくれるからです。

歯への酸の影響を最小限に抑える工夫

フレーバーウォーターは、口全体に広がってしばらく定着することが多いため、歯の溶ける範囲が広く浅い特徴があり、虫歯の進行にも気づきにくいといわれています。

そのため、できる限り、酸と歯の接触を最小限に抑える必要があります。

フレーバーウォーターを飲むときにストローを使うのも有効な対策のひとつですが、その場合は、前歯(またはその周辺)にストローがつかないように注意してください。

歯のエナメル質は、体の組織のなかで最も固いといわれていますが、一度損なってしまうと、残念ながらもう元には戻りません。