蚊に刺されやすくなる6つのこと

2017年8月10日

同じ空間にいても、他の人よりたくさん蚊に刺されてしまうことがありますが、一体なにが、蚊を自分に引き寄せてしまっているのでしょうか?

ここでは、蚊が好むヒトの行為や蚊に刺されやすいヒトについて、Tech Insiderから5つのポイントを紹介します。

知っておくことで、これからは蚊に刺されるのを予防できるかもしれません。

蚊にさされやすくなる5つのこと

激しい息遣いをする
激しい息遣いをすると、それだけ呼気に含まれる二酸化炭素が多く排出されるので、蚊を引き寄せてしまいます。
特に体が大きい人や妊婦は、二酸化炭素をたくさん出すので、メスの蚊にねらわれやすいといわれています。ちなみに、人間の血を吸うのはメスだけで、産卵に必要な栄養を補うためです。
汗をかく
蚊は、汗に含まれる乳酸を好むため、体を動かして汗をかいた後は、蚊に刺されやすくなります。汗かきの人は要注意です。
ビールを飲む
蚊は、ビールを飲んだ後の人によく集まるという研究結果があります。
血液型がO型
血液型がO型の人は、蚊を引き付ける傾向があります。
妊婦
女性は、妊娠すると、通常よりも蚊に刺される確率が2倍になるといわれています。