心を健康に保つ4つの方法

体の健康を気遣っている人は多いかもしれませんが、心を健康的に保つのもとても重要なことです。

「健全な肉体には健全な精神も宿らなければならない」という格言(古代ローマ時代の詩人ユウェナリスの)があるように、いくら身体を鍛えても、心が健康的でなければ、人は必ずしも幸福であるとはいえません。

それは、世界保健機関(WHO)が、心の健康(メンタルヘルス)が身体の状態だけでなく、人生の質に大きく影響すると示していることからも分かります。

ここでは、心を元気にして健康的に保ち、幸福感や心の平安を得るための4通りの効果的な方法を紹介します。

エクササイズを取り入れる

体を動かすことは、肉体的な機能を強化するだけでなく、心の健康にも大きな影響を及ぼします。

エクササイズとはいっても、必ずしも走ったりジム通いをしたりといったハードな運動を意味するのではなく、歩行や自転車に乗るだけでも心のケアには十分に有効だといわれています。

事実、軽い運動は、手軽にできて、心の落ち込みや鬱(うつ)症状を和らげる効果が最も高いことがさまざまな研究で証明されています。

もちろん運動は、ある程度続けなけば効果が得られるものではなく、精神的な問題への医療的処置の代わりとまではいかないかもしれませんが、心を整えて健康的に保つうえで非常に役立ちます。

人とのつながりをもつ

社会における自己と他者の結びつきやふれあいは、心が沈むのを防いだり、ストレス反応やいらだちを和らげたりするのに有効であることが明らかになっています。

人それぞれに、リフレッシュやリラックスのできる1人の時間がある方がよい場合もあり、必ずしも毎日人と交流する必要はありませんが、孤立した状態よりも、人と交流する機会がもてることはよいことです。

アルコールを控える

アルコールの飲みすぎは、心にネガティブに作用します。

適度なアルコールは気分転換になり、ストレスの緊張をやわらげるためには役立つかもしれませんが、飲みすぎや依存状態になっては、精神的なストレスや苦痛、マイナス思考、心の傷などを誇張して心的状態に有害となる可能性があります。

瞑想をする

瞑想は、上手に取り入れることができれば、ストレス発散に非常に有効に働きます。

ぜひ長期休暇など、時間がとれるときには、瞑想のトレーニングを行ってみてください。

毎日習慣的に取り入れることで、不安やマイナス思考から解放されて心が穏やかになっていき、生きることが楽しくなります。