冷水シャワーは本当に健康への効果があるのか?

おそらく一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、朝に冷水シャワーを浴びると、目が覚めるだけでなく、神経系や免疫系の強化など数えきれないほどの健康上のメリットをもたらすといわれています。

たしかに、冷水シャワーは、古代ギリシャ時代までさかのぼって、ヒポクラテス(西洋医学の父)が治療に取り入れたともいわれ、歴代のアスリートやアンチエイジングの指導者、ビジネスリーダーなど数々の生産性の達人たちが従ってきた習慣のひとつでもあります。

しかし、科学的に考えると、冷水シャワーの効果が本当であるかどうかは、未だに白黒つかないグレイの領域であるのも事実です。

また、フロリダ(温暖地域)育ちやモンタナ(寒冷地)で生活している人など、住んでいる場所によっても冷水シャワーの効果は異なります。

そのため、ここでは、健康のために冷水シャワーを試す前に知っておきたい効果の信憑性について、いくつかの研究結果をもとに、科学的に検証して分かりやすく紹介します。

冷水シャワーの健康効果への疑問点

まず、冷水シャワーの健康への効果を検証するうえで、大きな問題となるのが、再現性の乏しさです。

というのも、主張されている健康効果のほとんどが、冷たい水や空気を使って治療する凍結療法から、または、プールで冷たい水中を繰り返し泳ぐ研究データなどから得られているためです。

つまり、厳密に管理された環境下で行われる凍結療法1時間以上水中に滞在する水泳から得られる効果を、短時間冷水をかけるだけの冷水シャワーの効果として提供するのは実証性に乏しいといえます。

そうはいっても、冷水シャワーの効果を証明する研究はゼロというわけではありません。あるにはあるのですが、ただ証拠としては弱いだけなのです。

冷水シャワーが免疫系を強化する可能性

2016年に科学論文雑誌PLOS ONEで発表されたものに、冷水シャワーが免疫系の強化をもたらすことを示した研究があります。

研究では、午前中に冷水シャワーを浴びることが、仕事での病欠日数の減少に影響するかが調べられました。

2300人以上の被験者に、30日間連続で温かいシャワーを浴びた後、最後に30秒、60秒、90秒間のいずれか決められた時間で冷水シャワーを浴びてもらい、温かいシャワーだけを浴びた人との比較がなされました。

すると、冷水シャワーを浴びた被験者は、浴びる時間に関係なく、すべてのグループが平均して、温水シャワーだけの被験者に比べると、1ヶ月間の病欠日数が29%減少する結果が示されました。

しかし、この研究では、被験者の血液検査や心拍数といった生理学的な計測を行わなかったために、その理由は結局のところ明らかにされませんでした。

結果

研究ではアンケートの結果、朝に冷たいシャワーを浴びた被験者の多くが、エネルギーの向上を感じ、実験後もそのまま朝シャワーを習慣として続けていることが分かりました。

しかし残念ながら、それだけでは免疫系の強化を決定づける証拠としては、十分だとはいえません。

おそらく、冷たいプールで水泳をするときにみられる白血球の増加が、冷水シャワーでも同様に引き起こされた可能性は考えられるかもしれませんが、1時間プールに浸かるのとたった90秒間洗い流す程度ではやはり大きく違います。

また、被験者の多くが、冷水シャワーによって気分が高められると主張したようですが、それでもまだ十分とはいえないでしょう。

冷水シャワーの抗うつ効果について

2008年の研究では、冷水シャワーの抗うつ効果に関する医学的な仮説が数多く言及されました。

研究者らは、冷水が、交感神経系を活性化させると仮定し、それによって心拍数が上がり、気分を高めてくれるエンドルフィンの放出が刺激されることを示したのです。

しかし、使われた3つのデータポイントのうちの一つは論文の著者自身のものであるうえ、うつ病ではそのような症状の診断がひとつも得られず、さらには、期待されていたような体内での生理学的な変化が、結果として測定されることもなかったため、それほどの説得力はありませんでした。

まとめ

私たちは、「免疫力を高めて、心身ともに元気になる」のを目的に、毎朝我慢して冷たい水を身体に浴びるべきなのでしょうか。

たしかに、過去に発表された研究報告に基づくと、冷水シャワーは、多くの価値があるようにも思います。

冷水シャワーを浴びたからといって、(風邪気味なときや妊娠中、心臓や呼吸器系に持病がある場合などを除き)健康な状態であれば、体が傷つくわけではありませんが、どうやら健康効果についてはもう少し研究を続ける余地がありそうです。

もし、あなたが自身で冷水シャワーの効果をリサーチしてみたいと感じているなら、それは試してみるとおもしろい発見があるかもしれません。研究に必要なのは、お金のあまりかからない水だけというのも魅力のひとつです。