赤ちゃんの絶壁頭症・頭の変形の予防方法

赤ちゃんの頭の変形・絶壁の予防方法についての専門家によるアドバイスを紹介します。

絶壁は成長にともなって元の形状に戻ることが多いのですが、気になる人には、効果的な予防方法があるのであまり心配はいりません。

赤ちゃんは睡眠時間が長いため、向き癖や長時間同じ頭の面を布団と接しているうちに、ある角度だけが平たんになる絶壁(フラットヘッド症候群/Flat Head Syndrome)になりやすい。

近年は、SIDS(突然死)予防で、仰向け寝が推奨されるため、特に絶壁になる赤ちゃんが増えているようです。

予防方法

まだ寝返りが出来ないうちは、一日の大半を寝て過ごすことが多いため、右向きで寝たら次は左向きという様に、頭の向きを注意して変えるだけで変形や絶壁を予防ができます。

横向きに固定できない時は、体全体を傾け、背中にタオルを置くとやりやすくなります。

赤ちゃん専用のドーナツ枕が無い場合は、タオルを折り畳んで、クッション代わりに置きます。

この時に注意することは、窒息死を予防するために、やわらかすぎる素材は使用しないこと。

どうしても動いて枕が使えなかったり、枕擦れによるハゲが気になる場合は、医師と開発したという機能性ベビーマットというものもあります。

体全体を支える仕組みになっているので慢性的な無呼吸症や乳幼児突然死症候群(SIDS)予防にもなるといわれています。

頭の変形は、まれに、出産時やおなかの中にいる時から起こります。

頭蓋出生奇形といわれる先天性の症状で、左右の顔のバランスが非対称になったり、目と耳の位置にずれが起こることもあります。

しかし、その多くは生後数ヶ月で自然と改善することが多いようです。

治療を必要とする場合は、生後4ヶ月から7ヶ月くらいから頭蓋ヘルメットを装着させ、頭を対称的に成長させる方法があります。