脳の発達が遅咲きの子は優秀になる?!

2015年4月 6日

一見すると学校で他の子に遅れを取っている子は、優秀な人材に育成することが多いといわれる理由や、遅咲きの子のサポート方法について紹介します。

子供の脳の発達について

遅咲きの子は、脳の発達がゆるやかであるだけで、他の人よりも発達期間が長い分、最終的には優れた脳に成長します。決して他の子と比べて余計なプレッシャーをかけず、今どのような状況なのかを把握することが大切です。

才能も人それぞれであるのと同じで、他の子よりもできないのではなく、脳の発達の速さに違いがあると考えます。世界には、色々な考え方があって、やり方も一通りではないことを理解しましょう。

子供の個々の発達速度を尊重しないで、この子はだめだと早い段階で判断したり、余計なプレッシャーをかけてしまうと、本来起きるべきではない問題が生じるため、アメリカの教育カリキュラムは、違いに適応することができるように組まれています。

遅咲きの子のサポート方法

脳の考える力をつかさどる位置のすぐ下には感情の部位があり、記憶力や知力を活性化しています。そのため、学校や家で何か嫌なことがあると、影響を与えることがあります。

親としては、すぐに限界値を設けないで、記憶力や考える力を伸ばすことに注意を払うだけでなく、感情的な問題もケアする必要があります。

「私の子供はまだ自分の力を出し切っていない」と嘆く人が多くいます。しかし、本当の実力についてやいつそれが開花するのかは誰にも分りません。親に必要なのは、その時がくるまで忍耐強く、そして愛情深くサポートする気持ちです。