妊娠中に物忘れがひどくなるのはなぜ?

2016年7月21日

妊娠したら、カギの閉め忘れや名前を覚えるなど簡単なことができなくなったなど、物忘れがひどくなったり、集中力や判断力が鈍ったと感じる女性が多くいます。

これは、医学的には、プレグナンシーブレインマミーブレインと呼ばれるもので、世界中の妊婦が経験することです。

ここでは、アメリカのドクター(Obosa Osawe,M.D)による妊娠中に物忘れがひどくなる原因と考えられることや対処法について紹介します。

妊娠中に物忘れがひどくなる原因

妊娠すると脳の働きが低下することに関しては、まだ科学的に証明されてはいませんが、様々な諸説があります。

妊娠に伴うホルモン変化により、心の状態が不安定になったり、セロトニンを始めとする脳内神経物質の働きが弱くなることに起因するのではないかという説や、また、妊娠によって通常の血液の流れに胎盤が関与するようになるため、体や心に色々な変化が起こるのではないかという説があります。

実際に、臨床実験によって、妊娠すると脳の働きが低下して記憶力が下がったり、ぼーっとしやすい傾向があることは分かっています

対処法

妊娠中の記憶力の低下は、誰にでも起こりうることなので、あまり神経質にならずに、物忘れがよくある時期は、注意して大切なことはメモしておくことをおすすめします。

特に受診時に医師に確認しておきたいことは、その都度書き記しておき、検診日に持参しましょう。