子供の学ぶ力(脳力)を最大限に高める方法

2016年8月 4日

ここでは、ブレインクリーニングと呼ばれるやり方で、脳を最適化することによって、学習能力(脳力)を最大限に高める方法についての教育心理学者(哲学博士)Jane M. Healyさんのアドバイスや、左脳と右脳の違いを理解してバランスよく考える力を伸ばす方法について紹介します。

子供の脳を最適化する方法

まず、子供が考える、注意を払う、覚える時に、何が影響を与えているのかを考え、周囲の環境を見直し、学習することにマイナスになる要素を排除していきます。

やり方

  1. 健全な脳は、健康的な体から育つため、悪い食習慣や生活スタイルをやめる。
  2. テレビの見過ぎ、ビデオゲームのやりすぎなど、脳に悪影響を与えているものを取り除く。
  3. 子供が求めている愛情や今何を必要とし、どのようなサポートを欲しているかを知り、親がそれに答え、その子自身やその子の持っている才能についてしっかりと考えていることを示す。

左脳と右脳の違いを理解して考える力を伸ばす

人は、左脳と右脳の領域がうまくつながった(リンクした)時、効果的に学習能力(脳力)を鍛えることができます。この左右の脳の違いを理解して、バランスよく考える力を育てるのが理想です。

一般的に、計算や記憶、言葉を使って理論的に考える役割が大きいのが左脳の領域で、音楽を聴いたり、絵を見るなど、芸術的な体験によって活発に活動するのは右脳の領域が大きいといわれ、左右の脳は、繋がれています。

精神医学者のDan Siegel氏は、成長していく過程で、色々な問題に対応できるように考える力を養うには、子供の頃から左右双方の脳にバランスよく働きかけ、柔軟性を持った脳に強化できるようにサポートしてあげる必要があるとアドバイスしています。

脳の豆知識

人間の脳は、無意識下で、健康を維持する(血流を促すための必要な圧力や心臓を動かすリズム、体温を保つなど)ために1秒間に6000兆以上の神経が働いています。