栄養価の高いホットケーキの作り方

2016年10月 8日

ホットケーキは、子供に人気の高い食品のひとつですが、市販のホットケーキミックスは、糖分が多く、食品添加物も含まれているため、子供の健康を考えるなら、できるだけ小麦粉と全粒粉で作る方が体によいものを作れます。

ここでは、全粒粉をベースにした栄養価の高いホットケーキを、果物を混ぜて簡単に作る方法を紹介します。

ポイントは、卵をあらかじめ泡立てておくことで、ベーキングパウダーを使用しなくてもふんわりとしたおいしいホットケーキを作ることができます。

材料

  • 小麦粉
  • 全粒粉
  • 牛乳
  • プラム
  • 無塩バター

小麦粉と全粒粉は3:1の割合で混ぜます。全粒粉が無い場合は、オート麦(オートミール)をフードプロセッサーで粉にして使います。

一般的に、1歳(12ヵ月)まではベイキングパウダーは使わない方がよいといわれます。

ホットケーキを焼く時にフライパンに敷くバターは、1歳までは無塩バターを選びます。

牛乳は、加熱調理をすることで赤ちゃんの消化に良くなりますが、気になる場合は、調乳ミルクで代用します。

作り方

  1. ボウルに小麦粉と全粒粉、牛乳を入れて混ぜ合わせます。後から卵を入れるので、牛乳を入れすぎないように注意してください。
  2. 他のボウルに、卵を割り入れて、泡だて器で2倍の大きさに膨らむまで泡立てます。
  3. 1と2を均等になるまで混ぜ合わせます。
  4. 角切りにしたプラムを入れて混ぜます。
  5. フライパンに無塩バターをしき、ホットケーキをの生地をスプーンで広げた後、卵に火がしっかりと通るように、弱火で焼きます。表面がこんがりと焼けたら、ひっくり返して裏面を1、2分焼くとできあがりです。

ここでは、果物にプラムを使用していますが、バナナやブルーベリーなど、好みの果物で作ってみてください。