脳波の活動が始まる妊娠8週目の赤ちゃんの発達

2017年1月19日

妊娠2ヶ月目に入りました。赤ちゃんは、24時間休むことなく、驚くほどのスピードで成長しつづけています。

妊娠8週目の赤ちゃんは、頭からお尻までが約1.2cmから1.5cmで、ちょうど1粒のブドウやラズベリーくらいの大きさです。お尻についていた尾はほとんど目立たなくなり、より人間らしい姿になります。

赤ちゃんの成長にあわせて、子宮も大きくなっていき、羊水量は、毎週大さじ2杯ずつ増えています。

ここでは、妊娠8週目にみられるおなかの中の赤ちゃんの様子や発達、妊婦の体の変化について、分かりやすく表現した動画を紹介します。

妊娠8週目のおなかの赤ちゃんの発達

妊娠8週目になると、おなかの中で、赤ちゃんがかすかに動き始める様子が見られることがあります。

それは、脳波の活動が始まった合図です。

頭部の発達

神経が機能しはじめ、ニューロン(神経細胞)が分岐して広がりながらどんどんつながっていき、脳から体に指令を伝達するための原始的な神経経路が形成され始めます。

鼻の先がチョンと突き出て、上唇が形成されていきます。

まぶたはまだ半透明ですが、徐々に色味を帯びながら大きくなり、小さな目の大部分を覆うようになります。

舌には味覚の受容器の芽が、歯茎の下には歯の芽が発達しています。

身体の発達

呼吸用の管は、のどから肺の枝に向かって伸びています。

腕や脚に新しくできた軟骨や骨のおかげで四肢が強くなっていきます。超音波検診では、赤ちゃんの四肢が長く伸びてきたのに気づくでしょう。

水かきのような手足の指も徐々に突き出してきて、肩やひじ、膝といった関節は発達過程にあります。

器官の発達

へその緒が目で確認できるようになり、体の中で発達を続けている腸ももうすぐおなかの位置に移動するでしょう。

心臓は、左右の心房に分かれており、毎分150回の速さで鼓動しています。

既に男の子か女の子かが気になっているかもしれませんが、生殖器は、まだ男女の違いがわかるほど成長していません。

妊婦の体の変化

妊婦の乳房は、ホルモンの分泌によって、母乳を作る準備のために大きくなり始め、細胞組織に変化が起こされています。

この時期から、徐々に体型に変化がでてくるため、少しずつ体を締め付けるような衣類はやめて、マタニティブラやマタニティーウェアに変えていきましょう。

その他の参照元:
1. 8 Weeks Pregnant | What To Expect
2. Your pregnancy: 8 weeks