線路はつづくよどこまでも/I've been Working on the Railroad

2010年1月15日

「線路はつづくよどこまでも|I've Been Working On The Railroad」は、歴史的な横断鉄道を作り上げた鉱夫達についての労働歌です。日本では、汽車の旅を楽しむ童謡としてよく知られています。

ここでは、英語の歌詞と和訳、そして、歌詞の内容をアニメーションで分かりやすく表現した動画を紹介します。

英語の歌詞の主人公は、1800年代に、アメリカを横断する鉄道を作るために開拓者としてやってきて働いた移民者達です。その多くはアイルランド系だったといわれます。

厳しい労働環境の中、せっせと働いた鉱夫達の気持ちや働く環境、西部開拓の魂が歌詞には込められています。

歌に登場するDinah(ダイナ)は、蒸気機関車の愛称だといわれますが、女性の名前という説もあります。

英語の歌詞 和訳

I've been working on the railroad
All the live long day 
I've been working on the railroad
Just to pass the time away

朝から晩まで一日中線路で働いている
ただ線路で働いて、日々をやり過ごすだけ

Don't you hear the whistle blowing?
So early, early in the morning
Don't you hear the captain shouting?
Dinah, blow your horn! 

汽笛が鳴るのが聞こえるかい?
こんな早朝から起こされて
親方の叫び声が聞こえるかい?
ダイナ、汽笛を鳴らせ

Dinah, won't you blow,Dinah, won't you blow,
Dinah, won't you blow your horn
Dinah, won't you blow,Dinah, won't you blow,
Dinah, won't you blow your horn

ダイナ、汽笛を吹き鳴らしてくれ

Someone's in the kitchen with Dinah
Someone's in the kitchen, I know.
Someone's in the kitchen with Dinah
Strumming on the old banjo.

誰かがダイナとキッチンで
誰かがキッチンで、俺は知ってる
誰かがダイナとキッチンで
古いバンジョーをかき鳴らしている

Fee fie fiddle e i o
Fee fie fiddle e i o oooo
Fee fie fiddle e i o
Strumming on the old banjo.

フィ ファイ フィドル エイ オー
古いバンジョーをかき鳴らしている

I've been working on the railroad,
All the livelong day
I've been working on the railroad,
Just to pass the time away

朝から晩まで一日中線路で働いている
ただ線路で働いて、日々をやり過ごすだけ

Don't you hear the whistle blowing,
Rise up so early in the morn?
Don't you hear the captain shouting?
Dinah, blow your horn

汽笛が鳴るのが聞こえるかい?
こんな早朝から起こされて
親方の叫び声が聞こえるかい?
ダイナ、汽笛を鳴らせ

Someone's in the kitchen with Dinah
Someone's in the kitchen I know
Someone's in the kitchen with Dinah
Strumming on the old banjo,

誰かがダイナとキッチンで
誰かがキッチンで、俺は知ってる
誰かがダイナとキッチンで
古いバンジョーをかき鳴らしている

Fee fie fiddle e i o
Fee fie fiddle e i o oooo
Fee fie fiddle e i o
Strumming on the old banjo.

フィ ファイ フィドル エイ オー
古いバンジョーをかき鳴らしている