Simple Simon/まぬけなサイモン

2010年1月27日

「Simple Simon/まぬけなサイモン」は、サイモンという名の少年が繰り広げる知性を欠いた愚かな行動(ザルで水を汲みに行ったり... etc.)を歌ったマザーグースの一節です。

この歌によって、「Simple Simon」は、まぬけな人を指す時の代名詞に使われるようになりました。

歌の最後を締めくくる「Bids you all adieu」は、「さようなら」を意味する昔のフランス語です。

歌詞 意味

Simple Simon met a pieman,Going to the fair
Says Simple Simon to pieman,Let me taste your ware.

間抜けなサイモンは、祭り見物に行く途中に
パイ屋さんに会って言った「味見をさせておくれ」

Says the pieman to Simple Simon,Show me first your penny
Says Simple Simon to the pieman Indeed I have not any.

パイ売りは言った「お金を先に見せて」
サイモンは言った「一文無しさ」

Simple Simon went a-fishing,For to catch a whale;
All the water he had got Was in his mother's pail.

間抜けなサイモンは、クジラを捕まえに魚釣りに行った
母親の手桶に水いっぱい入れて

Simple Simon went to look If plums grew on a thistle
He pricked his fingers very much,Which made poor Simon whistle.

間抜けなサイモンは、あざみに梅がなるのを楽しみに見に行った
指をトゲだらけにして、口笛吹いて間抜けなサイモン

He went for water in a sieve,
But soon it all fell through
And now poor Simple Simon
Bids you all adieu.

彼は、ざるで水汲みに行った
しかし、汲んでもすぐに水は全部流れ落ちてしまう
ここであわれでまぬけなサイモンの話はおしまい
さようなら