ヤンキードゥードゥル|Yankee Doodle(アルプス一万尺)

2010年1月22日

「ヤンキードゥードゥル|Yankee Doodle」は、独立戦争時代に、イギリス軍兵が植民地のアメリカ軍兵をはやし立てて歌ったものを、アメリカ軍兵が逆に愛唱歌にしてしまったものです。

ここでは、英語の歌詞と和訳、そして、馬にのったヤンキードゥードゥルを子供向のかわいいアニメーションで表現した動画を紹介します。

ヤンキーとは、独立戦争時代のイギリス人たちによるアメリカ人の呼び名で、ドゥードゥルは、「まぬけな」や「ばかげた」などを意味します。歌詞は、臆病者でまぬけなアメリカ軍兵が、マカロニ(流行ファッション)気取りだとバカにして歌ったものです。

歌詞が29番まであるといわれている日本の童謡「アルプス一万尺」は、この歌のメロディーに歌詞がつけられたもので、ヤンキードゥードゥルと同様に、地方によって、様々な替え歌が存在します。

歌詞 意味

Yankee Doodle went to town
a-riding on a pony
Stuck a feather in his cap
and called it macaroni

まぬけなヤンキーがポニーに乗って町へ行った
帽子に羽根をさして、マカロニ気取り

Yankee Doodle Keep it up
Yankee doodle dandy
Mind the music and the step
And with the girls be handy

ヤンキードゥードゥルその調子
ヤンキードゥードゥルはダンディーだ
音楽に合わせてステップ踏めば
女の子なんてお手のもの