Hushabye Mountain|山の子守歌

2010年3月19日

Hushabye Mountainは、山の子守歌として知られます。「山からのやさしい風が船の帆に十分な風を送る、今日にお別れをしてねんねしな」と心が安らかになるようなやさしい歌詞とメロディーで歌われています。

歌詞 意味

A gentle breeze from Hushabye Mountain
Softly blows o'er lullaby bay.

ねんねこ山からのやわらかな風がやさしく港を静める

It fills the sails of boats that are waiting

帆に十分な風を送る

Waiting to sail your Troubles(worries) away.

心配事を吹き飛ばす航海へ

It isn't far to Hushabye Mountain
And your boat waits down by the key(quay).

ねんねこ山はそう遠くない

The winds of night so softly are sighing
Soon they will fly your troubles to sea.

やわらかで静かな夜の風が、すぐに悩みを吹き飛ばしてくれる

So close your eyes on Hushabye Mountain.

さぁねんねしなさい

Wave goodbye to cares of the day.

今日にお別れを言って、

And watch your boat from Hushabye Mountain

さぁねんねこ山から船をごらん

Sail far away from lullaby bay.

港を遠く離れる航海に出る