Upside Down|おさるのジョージの映画の主題歌

Upside Downは、おさるのジョージの映画の主題歌で、有名なサーファーであるジャック・ジョンソン(Jack Johnson)が「めまぐるしく回る世界で、誰もみつけられなかったものを見つけ、みんなで愛を分かち合おう」とギターの弾き語りで歌ったものです。

歌詞 意味

Who's to say

誰が言ったの

What's impossible

不可能だなんて

Well they forgot

彼らは忘れてるんだ

This world keeps spinning

世界が回り続けてることを

And with each new day

新たな一日がはじまる度

I can feel a change in everything

全てが変わる気がする

And as the surface breaks reflections fade

表面が壊れ、反映していたものも見えなくなる

But in some ways they remain the same

しかし、変わらないものがある

And as my mind begins to spread its wings

ぼくの心が翼を広げ

There's no stopping curiosity

好奇心がとまらない

I want to turn the whole thing upside down

なにもかもをひっくり返したいのさ

I'll find the things they say just can't be found

誰もみつけられなかったものを見つけるんだ

I'll share this love I find with everyone

この愛をみんなと分かち合うんだ

We'll sing and dance to Mother Nature's songs

母なる大地の歌にあわせて歌って踊ろう

I don't want this feeling to go away

このフィーリングを忘れたくない

(以下、繰り返しは省略します)

This world keeps spinning and there's no time to waste

世界は回り続けてるんだ。無駄にする時間なんてない

Who's to say what's impossible and can't be found

見つけられないなんて誰が言ったんだ

Please don't go away

お願い どこにも行かないで

Is this how it's supposed to be

これがやりかたさ

ジャック・ジョンソンのシング・ア・ロング・アンド・ララバイズ・フォー・ザ・フィルム:キュリアス・ジョージ [Soundtrack]のサントラ版1曲目に収録されています。