ひいらぎかざろう/Deck the Halls

2012年11月 6日

「ひいらぎかざろう/Deck the Halls」は、クリスマスによく歌われる明るいメロディーの賛美歌です。

「ファララララー」と軽快に繰り返される歌詞は有名で、ひいらぎの木の枝で玄関(ホール)を歌いながら飾りつけ、クリスマスを迎える準備をする様子が歌われています。

原曲はウェールズ民謡で、この「ファララララー」の部分は、歌詞にも登場するように、もともとはハープによる演奏でした。

歌のタイトルにもなっているひいらぎは、真冬に赤い実をつけて、西洋では神聖な木とされ、クリスマス飾りに使われます。

歌詞 意味

下記の歌詞は、Thomas Oliphantの訳をベースにした歌ですが、現在は()内の歌われ方が多いようです。

<1番>

Deck the hall with boughs of holly
Fa la la la la, la la la la

玄関ホールにひいらぎの大きな枝を飾ろう
ファララララララララ

'Tis(ティス:it is の省略) the season to be jolly
Fa la la la la, la la la la

喜びの季節がやってくる
ファララララララララ

Fill the meadcap,drain the barrel (Don we now our gay apparel)
Fa la la la la, la la la la

はちみつ酒をカップに満たし、樽をあけてしまおう (晴れ着に着替えよう)
ファララララララララ

Troll the ancient Christmas carol
Fa la la la la, la la la la

昔ながらのクリスマスキャロルを歌おう
ファララララララララ

<2番>

See the flowing bowl before us (See the blazing Yule(Christmas) before us)
Fa la la la la, la la la la

我々の前に流れるボウルを見てください (輝くようなクリスマス)
ファララララララララ

Strike the harp and join the chorus
Fa la la la la, la la la la

ハープと歌おう
ファララララララララ

Follow me in merry measure
Fa la la la la la, la la la

陽気に続け
ファララララララララ

While I sing of beauty's treasure (While I tell of Yuletide treasure)
Fa la la la la la, la la la

私が美しき宝を歌にする間 (穏やかに流れる聖夜のひとときを)
ファララララララララ

<3番>

Fast away the old year passes
Fa la la la la, la la la la,

一年はあっという間
ファララララララララ

Hail the new ye lads and lasses
Fa la la la la, la la la la,

(男の子も女の子も)みんなで新年を祝おう
ファララララララララ

Sing we joyous all together(Laughing,quaffing all together)
Fa la la la la la, la la la

喜びに満ちて一緒に歌おう(笑え、みんなで一息に飲み干そう)
ファララララララララ

Heedless of the wind and weather
Fa la la la la, la la la la

天候が悪くても気にしないで
ファララララララララ