5匹のカエル/Five green and speckled frogs

2013年8月27日

「5匹のカエル/Five green and speckled frogs」は、みずたまりをジャンプして1匹ずついなくなるカエルの1から5までの数え歌。

Five little speckled frogsのタイトルでも知られています。数を5から順に減らし、最後はカエルが1匹もいなくなります/Then there were no more speckled frogs。

frogsとgrub、poolとcoolのように韻が踏まれます。

<歌詞 手遊び方法>

Five green and speckled frogs
Sat on a speckled log(sitting upon a log)/反対の腕を丸太にして、指を5本上にのせる
Eating the most delicious grub
Yum, yum/おなかを2回さする
One jumped into the pool/1本指を丸太からジャンプ
Where he was nice and cool
Then there were four green speckled frogs/4本指を丸太にのせる。

<意味>

5匹の斑点模様のついたカエルが
丸太に座っていた
最高においしい幼虫を食べて
うまいうまい!
一匹が冷たくて気持ちいい水たまりにジャンプ
するとカエルは4匹になった