デイ・オー/Day-O

2015年8月23日

デイ・オー/Day-Oは、ジャマイカの民謡のひとつ。港でバナナを積む仕事をする人たちの労働歌でした。日本でもCMソングやイベントによく使われ、特に歌い始めが有名な曲です。

バナナ・ボート・ソング(Banana Boat Song)のタイトルも使われます。

歌詞に登場するタリーマン/tally manは、数を数え、伝票をつける人です。

バナナの房を数える時はhandを使います。

歌詞 意味

デイ・オー(かけ声)
太陽が昇るよ、家にかえりたいな。

Day-o, I say day-o.
Daylight's coming and I want to go home.(下記繰り返しは省略)

朝がくるまで夜通しずっと働いて
朝までバナナを積み上げるのさ

Work all night till the morning comes.
Stack bananas till the morning comes.

ミスター.タリーマンがきたよ

Come Mister Tally Man, tally my bananas.

熟してきれいなバナナの房

A beautiful bunch of ripe bananas.

6房、7房、8房

Six-hand, seven-hand, eight-hand bunch.

さぁ日が昇った
歯を磨いて靴の紐を結べ
朝が来た、走り出せ
愛おしい太陽よ

Now it's time to rise and shine,
Brush my teeth and tie my shoes.
The day has come, it's time to run,
Hug the day and meet the sun.