レバーの臭みとパサツキを予防する茹で方

レバーは、食中毒やウィルス性肝炎に感染することがあるため、できる限り生での摂取は避け、加熱処理(焼肉やソテー、煮物など)をします。特に豚や鶏は鮮度に注意し、十分に加熱調理することが肝心です。

しかし、レバーはやわらかい食材であり、加熱しすぎると、臭みやパサツキがでやすいので火を通す時間には注意が必要です。

ここでは、レバーの臭みとパサツキを予防し、おいしく茹でる方法を紹介します。茹でることによって、臭みが取れるので、パテや和え物など、様々な料理に使うことができます。

レバーの茹で方のコツ

一般的に、薄くスライスした場合は、75度で1分間加熱すると中まで火が通るといわれます。

沸騰した湯で茹でる場合は、レバーを入れて、再び沸騰したら火を止め、そのまま蓋をして3分おくと丁度よい茹で具合になります。

どうしても臭みが気になる場合は、ねぎやしょうがなどの香味と一緒に茹でるのもおすすめです。