コーヒーの豆殻の再利用方法

2009年9月17日

コーヒーを抽出後の豆殻をそのまま捨てていませんか?

実は、コーヒーの豆殻に残された栄養素や油分成分は、再利用して生活に役立てることができます。

ここでは、乾燥させた、または、湿ったままのコーヒーの豆殻を消臭目的や害虫対策、植物の肥料などに再利用する有効な活用方法を紹介します。

コーヒーの豆殻の消臭 脱臭効果を活用する方法

コーヒーの豆殻を乾かす
使い終わったコーヒーの豆殻をトレーに平らに薄く広げて、一日かけて乾かします。薄く広げるのは、カビの発生を防ぐためです。
袋や容器に入れる
よく乾かした後、布袋やストッキング、ガーゼに包んでこぼれないように入り口をとめます。または、コップに入れて、ティッシュペーパーをかぶせてゴムでとめた後、ティッスペーパーに鉛筆の先をさして数箇所穴をあけます。
臭いの気になるところに置く
冷蔵庫や下駄箱、トイレ、車の中、玄関、食品棚、押し入れ、クローゼットなど、臭いの気になる場所に置いておきます。

乾燥させたコーヒーの豆殻は、除湿効果もあるので、梅雨時は、湿気取りにもなりとても便利です。また、乾かしたコーヒーの豆殻を部屋にまいて掃除機をかけると、部屋の消臭にもなります。

湿ったままのコーヒーの豆殻を使った裏技

ボディースクラブ
抽出し終わったコーヒーの豆殻に、ブラウンシュガー1/3カップ、ココナッツオイル1/4カップを混ぜて、手や体にこすりつけると、古い角質を除去する効果があります。
ガスコンロに敷く
湿ったコーヒーの豆殻をガスコンロの網の受け皿にばらまき、必要に応じて水を入れます。魚から出た油の処理の手間が軽減し、後片付けが楽になるうえ、コンロ内の魚臭さも消臭してくれます。
レンジの消臭
湿ったコーヒーの豆殻を器に入れて、レンジで1分程加熱をすると、レンジ内を消臭できます。
灰皿に敷く
カフェや喫茶店でよく目にするテクニックのひとつで、十分に湿らせたコーヒーの豆殻を灰皿に敷いておきます。消臭効果でたばこの匂いが緩和され、コーヒーの豆殻の湿り気が吸い殻の火を消す役割を果たします。
手の臭い消し
ニンニクを料理し終わった後の手に、コーヒーの豆殻を少量こすりつけた後、手を洗うと嫌な臭いを消します。

植物の肥料として活用する方法

驚くかもしれませんが、コーヒーの豆殻は、カビっぽくなってしまったものや、上記の要領で消臭剤として活用した後も再再利用ができます。

花壇に撒いたり、肥料として土に混ぜ合わせる

コーヒーの豆殻は、土壌改良を促して土に酸素を多く含有させ、土が固まるのを防ぎ、植物の根の伸びを促すといわれます。

ただし、土に直接撒く場合は、草花の根元は避けるようにしてください。

堆肥(コンポスト)を作る

実際にコーヒーの豆殻で肥料を作っている会社もあるように、発酵させて堆肥状態にすることで、肥料になります。

コーヒーの豆殻と乾燥した落ち葉をしっかりと混ぜ合わせた後、野菜くずを足していきます。この時、できるだけ水分を含ませると発酵が促されます。肥料としての効果がうすいようなら、市販の肥料を足してください。

水やりに活用する

使い終わったコーヒーの豆殻を使って水だしコーヒーを作り、それを水の代わりに植物に与えます。

これは、シャクナゲやつつじ、ブルーベリー、ミズゴケ、ツバキなど酸性の土壌を好む植物に有効です。

害虫対策

植物の周囲に巻いておくと、害虫を寄せ付けない効果があります。

また、家畜業者には、コーヒーの豆殻を小屋に敷いて害虫対策に活用しているところもあります。猫を寄せ付けないために庭にまくのもおすすめです。

参照元:
3 Brilliant Ways to Reuse Coffee Grounds