特別な日に作りたい焼き菓子「ルガラー」

2011年5月 9日

ルガラーとは、クロワッサンのような形をした焼き菓子です。海外ではイースターで作られることが多く、サクサクした食感が特徴的で、日本人でも一度口にしてはまってしまう人が多くいます。

生地にはクリームチーズがねりこんであり、トッピングにはチョコレートとラズベリージャム、クルミが使われ、甘酸っぱいテイストです。特別な日に作りたい焼き菓子です。

材料

  • 小麦粉 2カップ
  • 塩小さじ 1/4杯
  • バター 1カップ(2本分)
  • クルミ 1と1/2カップ
  • クリームチーズ 230グラム
  • セミスイートチョコレート 1/3カップ
  • ラズベリージャム 1カップ
  • シナモンシュガー(シナモンパウダー 大さじ1/2杯と砂糖1/3カップをあわせる) 1/3カップ
  • 溶き卵(Lサイズの卵1個に大さじ2杯の水か牛乳を混ぜたもの)

作り方

フィリングを作る
生地の中に折り込む予定のフィリングを作ります。クルミをフライパンに入れて炒って香りを出します。チョコレートとラズベリージャムと一緒にフードプロセッサーにかけます。
生地を混ぜる
クリームチーズとバターを泡だて器でなめらかにします。そこへ塩、小麦粉を一緒にふるいにかけたものを入れて、再度泡だて器で混ぜ合わせます。
生地を寝かせる
生地をサランラップの上に置いて、四角くまとめて包んだ後、冷蔵庫で最低1時間は寝かせます。その後、小麦粉を敷いた台の上に生地を置いて、麺棒で2cmくらいの厚さに広げます。三つ折りにして、ラップで覆い、再度1時間冷蔵庫で寝かせます。
生地のベース作り
6cmから8cmほどの幅に切り分け、一つずつをさらに0.5cmくらいの幅に広げていきます。約25cmのケーキ型やボウルを伸ばした生地に押し当てて、マルに切り取ります。
フィリングを巻く
余分な小麦粉を落として真ん中にトッピングをのせ、スパチュラや手を使って生地の上に薄くのばしていきます。
焼く
表面にシナモンシュガーを振って1/8に切り分けます。三角形の外側(大きい方)からぐるぐると巻いて、ベーキングシートの上に並べ(一つ一つの生地をひっつけないで離して配置)、表面に溶き卵をはけで塗ったら、上からシナモンシュガーを振って、190度のオーブンで25分から30分焼きます。