ケメックスを使ったおいしいアイスコーヒーの淹れ方

2013年2月28日

「ケメックス/CHEMEX」で淹れるコーヒーはおいしいと評判ですが、淹れ方によって、風味や味わいが大きく変わってくるのをご存知ですか?

ケメックスの魅力は、なんといっても、コーヒー豆本来の酸味やフレーバーを長く維持できる点にあります。そして、その魅力を十分に引き出した淹れ方なら、冷たくて爽やかなアイスコーヒーもお手のもの。

ここでは、ケメックスを使ったおいしいアイスコーヒーの淹れ方やコツについて、ニューヨークのバリスタMike Jones氏によるアドバイスを翻訳して分かりやすく紹介します。

(ケメックスは、実験室で使うフラスコのような形と革ひもがついた木製の持ち手が特徴的なコーヒーの抽出器具です。)

アイスコーヒーの淹れ方とコツ

アイスコーヒーは、ホットコーヒーの淹れ方よりも、使用する湯の量が少ないので、コーヒー豆をやや細めに挽くこと、そして、抽出しながら軽くスプーンでかき混ぜて、エキスを抽出しやすくするのがポイントです。

大切な下準備

粉を入れる前に、ケメックスにセットしたペーパーフィルターを、水で湿らせておきます。これには、フィルターの臭いを消す役割があります。

ケメックスのフラスコに、でき上がりの量の1/4の氷を入れます。例えば、400gのコーヒーを作る場合は、100gの氷と300gの湯で作ります。

中挽きからやや細挽きに挽いたのコーヒーの粉を23グラム用意します。

淹れ方

  1. ティーケトルを使って、93度くらいの湯をコーヒーの粉全体が濡れる程度に注ぎ、軽くスプーンでかき混ぜた後、30秒おいて蒸らします。
  2. 30秒経過した後、残りの湯をゆっくりと円を描きながら注ぎます。この時、ペーパーフィルターに直接湯がかからないように注意してください。
  3. スプーンで一度かき混ぜたら、抽出が終わるのを待ちます。
  4. ケメックスを軽くゆすって、氷を溶かします。
  5. 抽出し終わったコーヒーを、氷をたくさん入れたグラスに注ぎ、グラスを軽くゆらして冷たさが均等になるように混ぜ合わせると完成です。

こちらもどうぞ:
ケメックスでホットコーヒーをおいしく淹れる方法
コーヒーに最適な湯の温度と調節方法