ロブスターの殻から手際よく身を取り出すコツ

シェフが茹であがったロブスターの殻を手際よく剥く様子を動画で確認できます。

ここでは、包丁やキッチンバサミでできるロブスターの殻の剥き方を紹介します。道具が無い場合でも、タオルがあればできるので料理の下ごしらえに役立ててください。

<殻の剥き方>

まず、茹でたロブスターを胴体と頭で切り分ける。

・爪

爪の根本を胴体からもぎとり、2つに分かれた爪の先(はさみの部分)の小さい方を指で上下させて外した後、タオルを下に敷き、包丁の下側(アゴ)を爪に数回叩きつけて、切れ込みを入れて、身を取り出します。

爪の根本の身は、キッチンバサミで切れ込みを入れて出します。

ハサミも包丁も無い場合は、ロブスターの爪を殻ごとタオルで包み、上からぐっと体重をかけてつぶすようにして、殻に亀裂を入れて剥きます。

・ 腹部から尾にかけて

ロブスターの背骨にそって、包丁で半分に切ると簡単に身が取り出せます。もし、包丁を使わないで尾の部分の身をそのまま取り出したい場合は、タオルで包んだ上からつぶし、亀裂を作って殻を外します。

剥いた殻は、捨てないで、そのままスープのだし汁(殻だし)に使うことができます。