硬いカボチャを楽に角切りにする方法

硬いカボチャを角切りするポイントとなるのは、切る前に、丸まま電子レンジの強にかけること。約2分くらいで、皮の表面が軽く柔らかくなるので、包丁が入りやすくなります。電子レンジの時間は、状況に応じて調節します。

やり方

まず、カボチャの皮の表面に包丁が入りやすいくらいまで柔らかくなったら、半分に切る。スプーンで種や筋を取り除く。種はのけておくと、他の料理にも使えます。

種と筋を取り除いたら、皮を果物ナイフなどで剥いていく。皮を剥く時に少々実も一緒に切っても問題ありません。もし栄養豊富な皮も食べたいならば、この皮の部分のみを電子レンジで温めたり炒めて食べることもできます。

切断面を下にして、もう半分に切る。

横方向に包丁を入れて太めのくし型に切る。長い面を横にして、角切りにしていく。