さくらんぼの種を簡単にきれいに取る方法2通り

2015年3月 5日

さくらんぼの種を、空き瓶や箸、クリップを使って、果汁で手や周囲を汚さないで、あっという間に取る方法を2通り紹介します。

この方法なら、手間がかからず、さくらんぼの形がきれいに残るため、チェリー漬けやお菓子作り、カクテルの飾りなどに幅広く使えます。

箸で空き瓶に種を落とす方法

やり方

まず、空き瓶の口にさくらんぼを置きます。

そして、箸を1本持ち、さくらんぼの中心に突き刺すと、種だけが空き瓶の中に落ちていきます。

クリップで種を引っかけて取り出す方法

やり方

まず、クリップの内側を立ち上げ、直角にします。

さくらんぼの枝を抜き、クリップを枝の付け根の周囲にさして、少し角度をつけて回し、クリップの先に、さくらんぼの種を引っかけて種を取り出します。

さくらんぼが余ったら、冷凍保存しておくと、スムージーやお菓子作りなどに重宝します。