空き瓶の消毒方法

2015年9月20日

手作りのコンポートやジャム、ドレッシングなどの調味料を保存するための空き瓶の消毒方法を紹介します。

空き瓶を再利用する時は、必ず滅菌をしなければなりません。

目に見えない菌が空き瓶内に残っていると、せっかく作ったものに菌が繁殖し、もちが悪くなったり、食中毒や体を壊す原因になります。

また、空き瓶は、保管中にばい菌がつくことがあるため、消毒したらすぐに使用しましょう。

消毒のやり方

まず、蓋と瓶本体を分けて、きれいに洗剤で洗い流します。その後、煮沸、またはオーブンを使って熱処理を施します。

煮沸
空き瓶を鍋に入れ、全体がしっかりと浸かる深さまで水を注ぎ、沸騰させます。沸騰したら10分から15分茹でます。
オーブン
140度に温めたオーブンで10分熱処理します。