バジルとほうれん草のペースト

2015年10月 2日

新鮮なハーブの香りを楽しめるバジルとほうれん草のペーストの作り方です。パスタだけでなく、ピザやスープ、魚や肉料理のソースにもなる万能ソースが、フードプロセッサーで混ぜるだけで手軽に手作りできます。

特に料理が苦手な人や、今まで市販のパスタソースや缶詰に頼っていた忙しい人に知って欲しいレシピです。作ったバジルとほうれん草のペーストは、氷皿に小分けにして凍らせておくと、いつでも必要なだけ解凍して使えて便利です。

材料

  • 1と1/2カップのベビーほうれん草(サラダ用)
  • 3/4カップのバジルの葉
  • にんにく1個(皮を剥いて細く切る)
  • 塩小さじ3/4杯
  • コショウ小さじ1/2杯
  • レモン汁大さじ1杯
  • レモンの皮小さじ1/2杯
  • エキストラバージンオリーブオイル1/2カップ
  • パルメザンチーズ1/2カップ
  • 松の実1/2カップ

松の実は、アーモンドやくるみに変えて作るとまた違った風味を楽しめます。パルメザンチーズは最後の工程で加えるのがポイント。

作り方

  1. ほうれん草、バジルの葉、にんにく、塩コショウ、レモンの汁と皮、オリーブオイル大さじ2杯をフードプロセッサーに全体が滑らかになるまでかける。
  2. パルメザンチーズと松の実を加えて再度かけ、残りのオリーブオイルを少しずつ足していく。(すぐに使い切らない場合は、冷凍保存に限らず、パルメザンチーズを除いて、食べる時に足すようにしましょう。)

冷凍食品コーナーのほうれん草やバジルの葉でも作れます。いつも同じパターンになりがちな魚や肉のソテーがこのバジルとほうれん草のペーストをかけるだけで風味と雰囲気が違うので料理のレパートリーが広がりそうですね。