レタスの剥がし方/芯を3秒で取る方法

投稿日:2015年11月 9日|最終更新日: 2016年6月26日

レタスを一枚ずつ剥がすのは、手間がかかるわりに、葉が破れることも多く、あまり効率のよい剥がし方とはいえません。

実は、レタスは、芯を先に取り除けば葉がペロッと簡単に取れます。ここでは、たった3秒で包丁を使わずに芯を取る方法を紹介します。

これなら葉が破れないようにきれいに剥がすことができるので、レタスを料理で大きな葉のまま使いたい時に役立ちます。

<やり方>

まず、レタスの芯を下にして、まな板の上に置きます。

その後、レタスを両手で持ち上げ、上から勢いをつけてまな板に芯から叩きつけます。

レタスをひっくり返すと、芯の周囲にヒビや亀裂が入っているため、そのまま手で簡単に取り除くことができます。

関連記事