自家製のケチャップの作り方

2015年12月14日

炒め物や和え物にも重宝する自家製ケチャップを、煮込まなくても簡単に作る方法をシェフがアドバイスした動画を紹介します。

自家製ケチャップなら、塩分を控えめにしてヘルシーにしたり、ショウガやシナモン、唐辛子、玉ねぎ、にんにく、コショウなどのスパイスを加えたりして、好みの風味付けを楽しむことができます。

材料

  • トマトペースト 400g
  • グルコース 400g
  • (蒸留)酢 400g
  • 砂糖 80g
  • 塩 30g
  • にんにく 0.8g
  • キサンタンガム 2.4グラム

この材料でグルコースを加えない場合、ただのトマトソースになってしまうため、グルコースを使わない場合は、コーンスターチで代用したり、材料を2、3時間とろとろになるまでじっくりと煮込んでとろみをつけます。

キサンタンガムとは、微生物から作られる食品添加物で、粘り気を与えたり、食材の分離を防ぐ役割があります。ケチャップに滑らかでクリーミーな触感を作りますが、無ければ入れる必要はありません。

好みによって酢を赤ワインビネガーに変えてもよいでしょう。

作り方

7つの材料を全てミキサーに入れて、均等に混ぜ合わせるだけです。