にんじんの切り方(千切り、乱切り、スティック)

先にいくほど細くなるにんじんの形状を考えて、均等な大きさに揃えて千切りする簡単な方法や、乱切り、サラダに最適なスティック状の切り方について分かりやすくアドバイスした動画を紹介します。

にんじんは、皮にも栄養があるため、基本的に皮は剥かないでそのまま切ります。

千切り

予めにんじんの側面のカーブを切り落として四角に成形しておくと、まな板の上でにんじんが動かないので安全で、かつ、千切りがしやすく、形や長さを揃えてきれいに切ることができます。

形を揃えた千切り方法

  1. にんじんをまな板の上に置き、垂直方向に約5cm幅で切る。
  2. 曲線になった側面を切り落とし、4面を平らにする。
  3. 長い面に平行になるように、細めにスライスする。
  4. スライスを3、4枚重ねて、端から棒状に細く切る。

輪切りにした後、千切りにする方法

にんじんの切断面が大きくなるように、斜めの輪切りにした後、少しずらして重ねて、端から順に千切りすると、手早く簡単に切ることができます。

乱切り

乱切りは、スープやシチュー、煮込み料理に最適なにんじんの切り方です。

まず、にんじんの先の細い方を利き手側に向けて置き、斜めに包丁を入れます。

その後、90度ずつにんじんを回転させながら、同じような大きさになるように太い方に向けて切り進めていきます。

太い/細いスティック状

スティックサラダ用の切り方です。にんじんの太さによって、切る回数は異なりますが、下記を目安にしてください。

切り方

まず、にんじんのへたと先を切り、10cmくらいの長さに切った後、縦に半分にします。

次に、平らな面を下にして、端から好みの太さにスティック状に切ります。細く切りたい場合は、端から薄めに切った後、重ねて幅を半分または3等分に切ります。