鶏胸肉の二枚開きのやり方

鶏胸肉は、厚みがあるため、火が均等に入りにくかったり、味がしみこみにくいことがあります。

ここでは、厚みのある鶏胸肉を、薄く平らに開く「2枚開き」のやり方を紹介します。

厚みが均等になるので、具を肉で巻く料理やソテー、グリルなどが調理しやすくなります。

同じように、鶏胸肉を平らに開く方法に、中央から左右に開く「観音開き」もあります。

やり方

  1. 指で引っ張るようにして、鶏胸肉から皮を剥がし、皮の端を包丁で切り離します。
  2. 皮を剥いだ面を下にして、まな板の上に置きます。
  3. 肉の厚みのある部分の中央に包丁の刃を水平にあてて、端を切り離さないように、包丁をねかせて切ります。この時、肉の厚みが均等になるように心がけてください。
  4. 本を開くように、上下の切断面を開き、一枚に広げます。
  5. 肉にサランラップをかけて、上から肉たたきでトントンと軽く叩いてやわらかくします。

注意

切れにくい包丁を使うと、何度も包丁の刃を動かして肉の繊維を壊すことがあるため、切れ味のよい包丁を使用しましょう。