チョコレートで器(カップ)を作る方法

2016年8月 9日

チョコレートの器と聞くと、難易度の高いテクニックのように感じますが、実は、ちょっとしたアイデアで子供でも簡単に作ることができます。

ここでは、アイスクリームやフルーツなどのデザートを盛り付けるだけでなく、ケーキのデコレーションにも使えるおしゃれなチョコレートの器を簡単に作る方法を紹介します。

しかも、できあがりは芸術的で盛り付けるデザートに高級感を与えます。

器のサイズの調節も、型として使うボウルやカップの大きさを変えるだけで簡単にできてしまい、ホワイトチョコレートとダークチョコレートをクロスさせて複雑な模様を描くこともできます。

作り方

  1. 作りたいサイズの器に水を入れて、冷凍庫で凍らせます。この時、水を注いだ深さがそのままでき上がりの器の深さになります。
  2. 凍らせている間に、チョコレートを溶かします。
  3. 凍った器から氷の塊をひっくり返して皿に出した後、上からチョコレートを隙間ができないように全体的に均一にかけていきます。
  4. かけ終わったら、固まるまで約10分待つとできあがりです。

できた器にアイスクリームを入れて、果物やミントの葉、ナッツで飾るとおしゃれなデザートの演出になります。