焼きたてのパンを新鮮なまま長持ちさせる方法

2016年8月 9日

パンは、なんといっても焼きたてが一番おいしく食べられますが、食べきれずに残った場合、そのまま放置しておくと表面かがたくなったり、酸化が進み、せっかくの風味が落ちてしまいます。

ここでは、焼きたてのパンをできる限り新鮮でおいしいままで長持ちさせる冷凍保存方法を紹介します。

やり方

パンが焼けたら、まず、室温で冷まします。

冷めたら、スライスしてジップロックの袋や紙袋に小分けにして、冷凍庫で保存します。

そして、冷凍したパンを食べる時は、冷凍庫から出して、電子レンジで10秒温めて一切れずつ離します。

切らずに丸ごと冷凍保存したパンは、175度に温めたオーブンで5分焼いて素早く解凍した後、室温で置きます。

解凍後は、いつも通りトースターで焼いて食べます。