生姜(しょうが)の皮の剥き方と切り方

生姜は、料理に混ぜたり、盛りつけに使用する場合は、食感や見た目を考慮に入れて、皮を薄く剥いて使います。

しかし、生姜は、小さくてでこぼこしており、包丁やピーラーでは皮が剥きづらいだけでなく、実までムダに取り除いてしまうことがよくあります。

ここでは、スプーンを使って生姜の皮だけをそぐように薄く剥く方法を紹介します。

生姜は、皮と実の境に香りや栄養が多く含まれるため、料理で臭い消しや香りづけで煮込む場合や、おろして絞る場合は、皮を剥く必要はありません。

やり方

  1. 腐敗や傷みの無い生姜を選びます。
  2. 利き手にスプーンを持って、反対の手で生姜を支え、親指を使ってスプーンの腹を手前に引き寄せながらそぐようにして皮を剥きます。
  3. 後は、端から必要な太さに輪切りにしていきます。