グリルパンでプロのようにステーキを焼く方法

2016年9月 6日

約2.5cmの厚みのあるステーキを、グリルパンでおいしく焼く方法を紹介します。

グリルパンで焼く時は、水分が飛ばないのでフタをしないことと、焼きながら肉の位置をあまり動かさないように気をつけてください。

ステーキ肉は、十分に熱せられたグリルパンで表面をこんがりと焼くのがおいしさの秘訣です。

五分(ごぶ)以上の焼き加減を希望する場合は、グリルパンで焼き色をつけた後、オーブンやコンロのグリルで間接熱を当てて、好みの焼き加減まで焼きます。

焼き方

  1. ステーキ肉は、焼く少し前に冷蔵庫から出して室温に置いておきます。
  2. 焼く前に、肉の両面に塩こしょうをふりかけます。
  3. グリルパンを中強火にかけて、キッチンペーパーを使って表面に油を塗ります。
  4. フライパンが十分に熱せられたら、ステーキ肉を対角線状に置きます。2分経過したら、ステーキの角度を90度回転させます。これによって、肉の表面にクロスの網目がきれいにつきます。
  5. 2分後にひっくり返して、裏面も同様に焼きます。
  6. 火を消して、網を置いたバットの上に肉を出します。
  7. 後は、好みの焼き加減になるまでオーブンやコンロのグリルで焼きます。
  8. 焼いた後は、すぐにステーキ肉を切るのではなく、10分経ってから切ります。

こちらもどうぞ:
ステーキ肉からにじみ出た赤い汁は「血液」ではなかった
ステーキの焼き加減を調べる方法
ステーキ肉をとても薄くスライスする方法
フライパンで肉を焼いた後に残った油でおいしいステーキソースを作る方法
バーベキューで焼いた肉を温かく保つ方法