料理でワインの代用になるもの

2016年9月27日

料理の材料にワインが必要と書かれていても、含まれるアルコールが気になって、他のもので代用したい場合は、どのように対処すればよいのでしょう。

実際に、ワインを使うことによって食材の風味や香りはアップしますが、アルコールが苦手な人は、料理に使うというだけで気になるかもしれません。

しかし、ワインに含まれるアルコールは、しっかりと加熱することによって飛んでしまい、食べる時にはほとんど残っていないのであまり心配する必要はありませんが、どうしても使いたくない場合は、代わりに料理の風味をアップすることができるものがあります。

ここでは、料理にワインを入れる効果や、入れない時の代わりになるものについて紹介します。

これは、家のワインを切らした時の対処法としても役立ちます。

料理にワインを入れる効果

料理にワインを加えることで、味にコクが生まれ、風味が豊かになります。

また、ワインに含まれるタンニン(ポリフェノール)は、肉の臭みを消して、柔らかくする効果があります。

ワインの代用になるもの

もし、料理にワインを入れたくない場合は、そのまま入れなくてもよいし、少量の水で代用しても料理を作ることはできます。

しかし、実は、果汁100パーセントのぶどうジュースやクランベリージュース、りんごジュースを入れるというもっと賢い方法があります。

果汁100パーセントのぶどうジュースやクランベリージュース、りんごジュースにもタンニンは含まれるので、ワインを使わなくても肉が柔らかくなり、料理に風味やコクを出すことができます。