ピザストーンの使い方

2016年9月21日

ピザストーンを使うと、家庭のオーブンでも窯焼きのように、遠赤外線効果によって高温で焼き上げることができるので、余分な水分が飛び、生地の表面がカリっとして、中がふっくらとしたおいしいピザを作ることができます。

ここでは、ピザストーンの正しい使い方を紹介します。

やり方

  1. ピザストーンをオーブンに入れて、230度から250度程度で予熱しておきます。この時、上にオーブンの段がある場合は、取り除いておきます。
  2. 余熱している間に、ピザにトッピングをします。
  3. 予熱によって熱せられた庫内のピザストーンの上に、トッピングしたピザをすらすように移動させて直接のせて焼きます。

ピザストーンには、油をしく必要はありません。