簡単なクレープの生地の作り方と焼き方

2017年1月10日

「クレープの生地の作り方」について、フライパンでの生地の伸ばし方や焼き方を中心に、シェフが分かりやすくアドバイスした動画を紹介します。

特に、クレープを薄く伸ばして、破れないようにきれいに焼く工程は難しいイメージが強いようで、シェフのもとには、うまくできる方法についての多数のリクエストが送られてくるそうですが、実は、簡単に焼く方法があります。

ここで紹介する焼き方なら、クレープ屋さんで使用されている「トンボ」やおたまの背で生地を薄く伸ばすようなテクニックは必要なく、簡単に、焦がさないように、丸く薄く焼くことができます。

材料

  • 小麦粉 1カップ
  • 卵 2個
  • 牛乳 1と1/4カップ
  • 植物油 大さじ2杯
  • 塩 小さじ1/4杯

作り方

  1. 卵をボウルに割り入れて、泡だて器で軽く混ぜます。
  2. ボウルに、小麦粉と牛乳、植物油、塩を入れて均等になるまで混ぜた後、サランラップをして、冷蔵庫で約1時間生地を寝かせます。
  3. フライパンを中火にかけて、植物油をしきます。余分な油はキッチンペーパーで吸い取っておきます。
  4. フライパンの中心に、おたまで約1/4カップ分の生地を入れて、フライパンを四方に傾けながら、なるべく円形になるように薄く広げていきます。
  5. 薄く広げた生地の表面が乾いたら(約45秒)、フライ返し(スパチュラ)でひっくり返します。
  6. 生地の裏側も15秒から30秒焼いたらできあがりです。
  7. 好みでクレープの端を、フライ返しで切って形を整えたり、ひっくり返してさらに焼き色を付けてもよいでしょう。
  8. 焼きあがったクレープをお皿にうつして冷まし、ジャムやバターを塗ったり、ソーセージや生野菜を包んだり、アイスクリームを添えて食べます。