冷蔵庫での上手な魚の保存方法

2017年9月14日

魚の保存に関しては、おそらくほとんどの人が、冷蔵庫に入れておけば大丈夫だと認識しているかもしれません。

しかし、それは、残念ながら魚の腐敗を防ぐには十分な保存方法だとはいえません。それが新鮮な魚であったとしても、一般的な冷蔵庫で設定されている約3、5度の温度で一晩保存すると、品質は著しく低下するといわれています。

実際には、一晩冷蔵庫で保存したくらいで、命が危険にさらされるほど魚が傷むわけではないようですが、特に刺身やマリネにして生で食べる予定なら、保存方法にはもっと注意を払わなければなりません。

そこで、ここでは、魚(切り身、一尾)の新鮮さとおいしさを保つのに効果的な冷蔵庫での保存方法を分かりやすく紹介します。

魚の冷蔵庫での保存方法

一尾でも切り身でも、魚のそばや上に、アイスパックや氷を置いておくと、魚を低い温度に保ちやすくなります。

新鮮な魚なら、0度に保つことで2、3日間はもつといわれています。これは、魚業者がいつもたくさんの氷を使って魚を保存している理由でもあります。

魚屋ではよく冷凍魚がアルミニウム素材の容器の上に並べられてますが、これは、解凍に適しているからで、同時に魚の熱が氷に送られることによって魚を冷たく保てるというメリットも兼ね添えているようです。

ただし、魚を保存するときに忘れてはならない大切なポイントがあります。

魚を保存するときのポイント

まずは、魚を触る前に、手をきれい洗ってください。そして、魚を保存する環境を低い温度に保ってください。

温度と湿度を低く保つことによって、魚の腐敗をできる限り防ぐことができます。

そして、切り身でも一尾の場合でも重ねて保存しないように注意してください。重なった部分があると、そこに水分が閉じ込められてバクテリアが繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

魚の保存に湿気は大敵ですが、逆に表面が乾燥しすぎるのもいけません。

冷蔵庫での保存の手順

まず、魚を流水で洗った後、キッチンペーパーで表面をふき取り、魚の身が重ならないようにジップロックなどの袋に入れて空気を完全に抜きます。

それをアイスパックの上に置いて保存してください。さらに、魚を入れた袋の上にもアイスパックを置いて、上下から冷たく保ちます。

これを、アルミニウムトレイの上で保存すると一層効果的です。

また、保存場所は、扉の開閉によって温度が変化しやすい冷蔵庫の手前ではなく、奥が適しています。

アイスパックが無い場合は、アルミニウムトレイの上でクラッシュアイス(砕いた氷)に魚を浸して保存してください。冷蔵庫にそのまま入れておくよりは、はるかに保存に適した環境が作れるはずです。

繰り返しますが、魚を良いコンディションで保存するには、温度と湿度を低く保つことがなによりも大切です。