自分に似合うヘアカラーの選び方

髪の色は、顔の印象を変える大きな要素のひとつです。

カラーリングをする時は、好みやトレンドだけで選ぶと失敗することが多いため、まずは、肌トーン(色調)をもとに、自分に似合う正しいヘアカラーを知ることが大切です。

ここでは、自分の肌トーン(色調)を知り、それをもとに似合う髪の色味を見つける方法を紹介します。特に自分で髪を染めたい人が、セルフカラーリングをする際に役立ちます。

ヘアカラーの選び方

ヘアカラーを決める時に参考にする肌トーンは、イエローベースとブルーベースの2つの色合いにあてはめて考えます。

イエローベース(暖色)系の肌に似合うヘアカラー

イエローベースの人は、肌が黄味の強い暖色系のベージュで、オレンジがかった唇、ヘーゼル、ダークブラウンの瞳が特徴的です。

シルバーよりもゴールドのアクセサリーが似合い、頬の赤みが気になる人が多いようです。鏡を見て、山吹色や赤、オレンジ色をあてるとよく映えます。

イエローベースの人に似合うヘアカラーは、オリーブブラウン(グリーン系)やマロンブラウン(黄味)、サーモンピンク、ゴールドブラウン、ベージュ系など赤みを抑えた色合いです。

ブルーベース(寒色)系の肌に似合うヘアカラー

ブルーベースの人は、肌が青みがかった感じがあり、ピンクやローズ系の唇の色、ダークローズや真っ黒な瞳が特徴的です。

ゴールドよりもシルバーのアクセサリー、黄色の中ではレモンイエロー、青や緑、紫色が似合います。

ブルーベースの人に似合うヘアカラーは、ローズブラウンやワインレッド、バイオレット、ピンクなど赤味がかった色合いです。

ヘアカラーの取り入れ方

髪の色を全体的に染めてしまうのが不安な場合は、ハイライトで明るさを出し、ローライト(暗い色を入れる)で影を作り、メリハリや立体感をだすカラーリング方法がおすすめです。

また、メッシュ(筋状に染める)を部分的に取り入れるだけでも髪の雰囲気を変えることができます。メッシュを入れる時は、キャラメル色を選ぶと健康的に、銅色は温かみのある雰囲気になります。

色味が少ないグレイッシュトーン(濁色)を全体的に入れると、大きな変化はなく、さりげなく落ち着いた色合いに変えることができます。