ヘアブラシの正しい手入れ方法

髪の毛は毎日40本から100本抜けており、ヘアブラシを使用するたびに、抜け毛や頭皮の余分な皮脂、ほこりなどが、ブラシの間にどんどんたまっていきます。

健康的な髪や頭皮のためには、これらの汚れを定期的に落として、ヘアブラシを清潔に保つ必要があります。

また、正しい手入れをすることで、ヘアブラシの毛質や形状を保ち、髪に滑らかなツヤを出す本来の効果を長持ちさせることができます。

ナイロン(プラスティック)製ブラシと獣毛ブラシでは手入れ方法が少し異なるため、ここでは、それぞれにあった手入れのやり方を紹介します。

手入れ方法

  1. コームを使って、ヘアブラシについた抜け毛を、ブラシの毛の根本からすくい上げるようにして取り除きます。
  2. ボウルにぬるま湯を入れて、ボディーソープ(またはシャンプー)を少量混ぜあわせ、歯ブラシの先をつけて、ヘアブラシの汚れをやさしくかきだすように取ります。
  3. ナイロン製のヘアブラシなら、ぬるま湯と大さじ2杯の重曹を入れたボウルに1時間浸けます(獣毛ブラシはこの工程をとばします)。
  4. 仕上げに、ボウルにきれいな水を入れて、その中でヘアブラシを洗い流した後、水気を切って、タオルの上に置いて乾燥させます。

重層は、皮脂を分解して洗浄する効果があるので、水洗いだけでは取れにくい汚れを浮かせて落とすことができます。

獣毛ブラシは、頻繁に水で洗うと傷むことがあるので注意してください。