ロングヘアのスタイリングにおける4つの重要なポイント

2016年9月26日

ロングヘアの毎日のスタイリングをよりベストなものにする4つの重要なポイントについて、分け目の決め方やブローのやり方、意識しておきたいことを中心に、ヘアスタイリストのJerome Lordet氏によるアドバイスを紹介します。

全ての髪のスタイリングに通じる基本的なテクニックですが、どれも抜かすことのできない大切なポイントです。

分け目の決め方

分け目をどこに決めるかによって、顔の印象は大きく変わるため、顔の形ややりたい髪型の雰囲気によって使い分けます。

横分けにする場合は、左右どちらかの瞳の中心を真上に延長した位置に取ります。

また、センター分けにすると、顔の縦のラインを強調する効果があります。

ブローについて

ドライヤーでブローする時は、速く終わらせようとしないで、一束ずつの髪を、忍耐強く丁寧に行います。急いでブローすると、仕上がりがうまくまとまりません。

家を建てる時の頑丈な基礎作りと同じように、髪をスタイリングする時のブローの工程はとても大切で、ここで強い基礎を作っておく必要があります。

ブローのやり方

少量ずつ髪を取り、ラウンドブラシを下側からあてて、生え際から毛先に向けてゆっくりと移動させます。毛先までなめらかに整うまで、これを数回繰り返します。決して中途半端なブローのまま次の束に移らないでください。

ブローした髪の毛先に、毛羽立ちや縮れがあるようなら、カールアイロンでその毛束を約2秒かけて巻くだけで、仕上がりが全く異なります。

髪の質感作り

髪質には個人差があるため、人によって必要とするヘアケア製品は異なります。

乾燥気味の髪には保湿効果の高いもの、くせがあるならまっすぐに整えるためのサポート力の強いものというように、自分の髪質にあったヘアケア製品を選びます。

そして、なりたい髪型に応じて、ヘアアイロンやカーラーを取り入れます。

いつも同じ髪型にしない

髪型には、ストレートにした次の日はカールにするなど、日によってアクセサリーを装うように楽しむ創造性や芸術性があります。

髪は、自分を構成する体の一部です。イメージを変えることを恐れずに、より美しさに磨きをかけるものでなければなりません。