エクステンション(髪・羽根・ティンセル)のつけ方

エクステンションとは、人工毛や人の髪の毛で作られたつけ毛で、髪をボリュームアップさせたい時や髪を切りすぎた場合などに、地毛に直接つけて髪の長さや量を調節することができる便利な道具です。

おろし髪にもポニーテールにも自由に使え、部分的に色味を変えてイメージチェンジすることも可能です。

ここでは、基本的なエクステンションのつけ方や選び方、アクセサリー感覚でつけることができる羽のエクステンションやビヨンセも愛用しているティンセルについて紹介します。

エクステンションのつけ方

後ろ髪へのつけ方

  1. 耳より前側の髪、後ろの耳のラインより上側の髪をそれぞれをクリップでよけます。
  2. 残りの髪をブラッシングして、生え際に逆毛をたてて下準備をしておきます。逆毛をたてることでグリップ力が高まり、エクステンションが一日中落ちにくくなります。
  3. エクステンションについたクリップの真ん中をとめて、次いで左右も地毛に固定します。
  4. クリップをつけたら、上側からよけておいた髪を少しずつ下ろしてブラッシングしながら馴染ませます。

横髪へのつけ方

横髪につける場合は、顔側に幅がはみでないようにつける前に一度当てて、サイズを確認しましょう。

後ろ髪と同様に下側を少し残して、逆毛をたててつけます。

もっとボリュームアップさせたい時は、2層に分けてつけます。

羽のエクステンション

何度でも取り外して、アクセサリー感覚で髪につけることができる羽のエクステンションで、アップヘアのワンポイントにしたり、カールに一緒に巻きつけたりと、色々な楽しみ方ができます。

つけ方

髪を少量とって、根元から約5cmのところにスナップを留めるだけです。

ティンセルのつけ方

ティンセルとは、キラキラした糸状のヘアアクセサリーです。ビヨンセを始め、セレブが取り入れたことで注目を集めました。

つけ方

  1. 1本の長いティンセルを二つ折りにして、輪を作ります。
  2. 髪を数本取り、先ほど作った輪の中に通して、そのまま生え際までひっぱります。
  3. 更に他の髪を数本とって、その束を一周させて、また生え際までひっぱります。
  4. これを2、3回繰り返して、根元に固定させたらできあがりです。