ヘアオイルや髪の美容液の正しいつけ方

2016年9月 2日

ヘアオイルや髪の美容液を使う主な目的は、髪の保湿効果を高めるためです。

髪質に関係なく、どのような髪にも水分は不可欠なもので、必要な水分がなくなると、ハリやツヤが失われてしまいます。特に、カールやヘアカラーをした髪は、乾燥しやすい傾向があるので注意が必要です。

ここでは、髪が乾燥気味の時に、ヘアオイルや髪の美容液で効果的に保湿する方法やポイントを紹介します。

ヘアオイルのつけ方にムラがあると、髪がまとまりにくくなり、つけすぎると髪がベトついたり、トップの生え際のボリュームがなくなってペッタンコになったりすることがあるので注意してください。

やり方

  1. 手のひらに約爪2個分の面積でヘアオイルや美容液を出します。オイルは、そのまま直接髪につけないで、一度両手でこすり合わせてから髪になじませます。これによって、広い範囲の髪にムラなく均等にオイルをいきわたらせることができます。
  2. まず、頭皮から出る油脂が一番届きにくい毛先から、髪をつかむようにオイルをつけます。
  3. 仕上げに、まだパサつきのある部分を探して、必要に応じて足していきます。

ポイント

  • 髪は、濡れた状態ではパサついた箇所が分かりにくいため、ヘアオイルや美容液は、髪が乾いた状態でつけます。
  • 最初は少量だけ使い、乾燥状況に応じて足していきます。
  • 慣れるまでは、つけすぎても目立ちにくい後ろ髪から行います。