髪の色を髪にやさしい自然素材のもので明るくする(ブリーチ)方法

2016年9月 2日

市販のブリーチ剤を使うと、自分でも手軽に髪を脱色することができますが、髪へのダメージが気になる人も多いかもしれません。

実際に、市販のブリーチ剤には強い薬剤が含まれているため、繰り返し使用することによる髪や頭皮へのダメージは避けられず、なかにはパーマをかけることができなくなるほど髪が傷むことさえあります。特に肌が弱い人は、注意が必要です。

ここでは、身近にある自然素材のものを活用して、髪の色を明るく脱色(ブリーチ)する方法を5通り紹介します。

自然素材なら髪や地肌にも優しく、経済的でナチュラルな色合いを楽しむことができます。

自然素材のブリーチ剤の作り方

黒髪
黒髪の日本人に一番合っているのは、コーヒーです。濃いめにコーヒーを沸かした後、完全に冷まします(30分)。
ブロンズのように明るい髪
カモミールティー5袋を熱湯に浸して、紅茶のエキスを十分に抽出します。
赤毛
チェリー(またはブラックベリー)ティーとビーツジュースに、水を少し入れて薄めます。
どのような髪の色にも使えるブリーチ剤
水とりんご酢をそれぞれ1カップずつ混ぜたものに、マリーゴールドのドライフラワーを入れて沸騰させた後、花を取り除いて冷まします。頭皮のマッサージをしながら髪にかけると、1時間もしないうちにハイライトができます。

上記の要領で自然素材のブリーチ剤を作った後、それぞれをスプレーボトルにセットして、髪全体に吹きかけます。そして、そのまま太陽の下で過ごすと、自然なハイライトができます。

最後に、最も手軽な方法を紹介します。

レモンを絞って髪につけて、太陽の下で乾かすだけです。