カーラーの正しい外し方

2016年9月 2日

カーラーは巻き方だけでなく、外し方も仕上がりを左右する大切な工程のひとつであることを知っている人は意外と少ないようです。

正しいやり方で外すことで、髪の毛並みが揃ってまとまり感が生まれたり、空気を含んだようなふんわりとした雰囲気のカールができます。

ここでは、カーラーの正しい外し方について、指使いを中心に紹介します。

せっかく、手間をかけてカーラーを巻いても、外す時に髪がからまってしまったり、ボリューム感や形状を崩してしまったりすることがあるので、決して無理やり引っ張って外さないようにしてください。

やり方

まず、カーラーを左手の親指と中指で両サイドから支え、右手でクリップ(ピン)を取ります。

ここからがポイントです。右手の人差し指と中指をカーラーの後ろ側から根本に置き、少しずつ毛先に位置をずらしながら左手でカーラーを回転して外します。

この時、カーラーの滑り止め部分に、髪がからみつくことがよくあるので、そうなってしまった場合は、あせらないで丁寧に外します。くれぐれも引っ張って無理やり取ろうとしないでください。

カーラーを外したら、手で髪を滑らかに整え、一度カールの流れにそって髪を指に巻き付けてから離します。